ロコモ対策は食事も

ロコモ対策には栄養を

トップ / ロコモ対策には栄養を

運動と食生活改善でロコモ対策

「ロコモ」は「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群)の略称で、骨や関節、筋肉などの運動機能が低下して、寝たきりになってしまったり、介護が必要になるリスクが高い状態をことをいいます。日本は有数の長寿国といわれていますが、平均寿命の増加に伴い、運動器の障害も増加しているのです。ロコモ対策には、食事に気をつけることが重要です。水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの運動器の機能を保つのに欠かせない5大栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

いきいき過ごすためのロコモ対策

骨、筋肉などの運動器が老化などで弱ってしまい、歩行など生活に支障が出てくるロコモティブシンドロームをご存知ですか?ほっておくと骨粗しょう症の病気を引き起こしたり、転倒しやくすなった結果、寝たきりを引き起こす恐ろしい病気です。しかし、年をとると誰でもロコモになるわけではありません。きちんと予防ができるのです。ロコモ対策としては、適度な運動やバランスのとれた食生活があげられます。運動器の強化は自立して生活できる健康寿命の延長につながります。正しいロコモ対策を知って、いくつになっても自分の足で歩くアクティブな生