健康な体になるために

ウォーキングでもっと健康

トップ / ウォーキングでもっと健康

ウォーキングの健康効果

健康の維持や回復にはウォーキングがお勧めです。ウォーキングをすると体が温まるので体内のナチュラルキラー細胞が活性化してウイルス感染細胞やがん細胞を攻撃してくれます。また筋力が高まるので基礎代謝があがり、ダイエット効果や骨粗鬆症の改善にも役立ちます。大事なのはきつい運動をすることでは無く、体が温まる程度の運動を継続して行うことです。体を温めると血行が良くなり、肩こりや腰痛なども良くなります。また、ウォーキングは中高年に対する調査では肉体的な健康効果だけではなく、メンタルヘルス病の予防にもなります。

歩く事は健康に良い事です。

歩く事は、健康の為に必要です。走ればさらに体は鍛えられますが、大切なのは、無理をしない事です。急激に運動をすると逆効果になるので注意です。また、毎日続ける事も大切です。つらい、苦しい運動は、長続きしにくいので、散歩からはじめて、徐々に速度を上げていけば、ウォーキングを簡単に習慣にする事ができるでしょう。また、日常生活の中でも、健康維持に役立つ運動ができます。買い物などで車に乗っている人は、ちょっと歩いてみたり、出来るだけ、階段を使用するなど少しの工夫で運動量を増やす事ができます。