摂食障害治療には

摂食障害は、メンタル面を

トップ / 摂食障害は、メンタル面を

摂食障害の改善方法。

摂食障害とは、字のごとく食物を摂取できない障害のことです。食べ物を食べることができなくなると身体にエネルギーが行き届かなくなり、寿命が縮んでしまうという恐れがあります。この摂食障害を改善するためにはまず精神的な面を治さなければなりません。というのは、人はうつ状態になると生きる意味がないと認知し、食べ物を食べる必要はないと判断するためです。うつ状態を治すためには脳内にセロトニンという物質を分泌させなければなりません。これは太陽の光を浴びることで分泌されます。そのほか屋外での運動でもセロトニンは分泌されます。

心療内科を気軽に受診しよう

昨今はストレス時代で、仕事や私生活など様々な場面で、ストレスを強く感じてしまう方も多いようです。そういった状況が続くと、次第に身体の不調が現れ始めることも多く、不安になってしまうこともあるでしょう。そんなときは心療内科を受診して見ることも、一つの案として知っておきましょう。自分が考えていることを吐き出すことで症状が緩和されることも多く、どうしてもつらい場合、生活に支障をきたしてしまっている場合は、補助的に薬を処方してもらえることもあります。心療内科ではじっくりと話に向きあってくれます。