検診でわかる肝機能障害

検診で判明する肝機能障害

トップ / 検診で判明する肝機能障害

肝機能障害の症状とは

肝機能障害は、肝臓がなんらかの異常によって、障害を受け、正常に機能しなくなってしまう症状です。健康診断などで診られるの肝機能の数値により、どの程度の症状かということを判断します。自覚症状がないため検診は大切です。進行してしまった場合には、全身の倦怠感や、食欲不振、黄疸などの症状が現れ、さらに、そのまま放置してしまうと、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどに進行してしまう恐れがあるので、もし、肝機能障害の診断を受けた場合には早めに治療することが大切です。

高血圧を改善するには

高血圧の改善は、血圧を下げるだけではなく、心臓や血管の病気を防ぐ役割を持ちます。結果として、脳卒中などの病気も防ぐことができるので、健康にとって非常に大切な要素です。高血圧を改善するには、肥満の解消や生活習慣の適正化が大切になってきます。生活を変えることによって、血圧を適正値に抑えることができます。具体的には、野菜を中心とした食事を心がけることが重要です。血圧だけではなく、動脈硬化、脳卒中などにも効果があり、健康を維持するための重要な要素だといえます。