痛風の原因尿酸値

痛風の原因である尿酸値

トップ / 痛風の原因である尿酸値

尿酸値が高いと痛風になります

風が吹いただけで痛いという痛風。よく贅沢病だと言われますが、実際は遺伝的要因と環境要因からなります。遺伝的な要因ならばある意味、仕方がないのかもしれませんが、その場合でも環境要因の食生活や生活習慣に気を付けることは大切で、それを見直すことで痛風の目安となる尿酸値を下げることができます。プリン体の高い食品を控え、どうしても飲酒したいなら焼酎やワイン等に替えてみる。ストレスを発散させ、激しくない適度な運動を心がける。尿酸値が高いと尿結石の症状も発症するようになるので、値を下げることは大切なことなのです。

痛風の原因であるプリン体

男性に多いと言われている激しい痛みを主症状とする痛風は、血液中に含まれる尿酸の量が多くなりすぎた状態が長期間にわたって継続していることが原因となると考えられています。その尿酸の原料とされているのがプリン体であり、これは食物からも摂取されるものであることが分かっています。一般に細胞に対して1個ずつ含まれていると言われる成分であるため、内臓料理や魚卵の様な食品に関してはプリン体のリスクが高いと言えるでしょう。痛風発作を心配している人の倍にはその様な食材は避けるようにしなければならないと言えるでしょう。